世界的な観光都市の家造り|注文住宅を造る時は事前に業者と相談することが大切

注文住宅を造る時は事前に業者と相談することが大切

一軒家

世界的な観光都市の家造り

家の模型

自然と調和した家を建てる

京都で注文住宅を建てる場合は他の都市とは違うアプローチの仕方があります。まず京都は世界的な観光都市なので、それに見合ったデザインの住宅を建てたいという希望者がとても多いのです。そのため個人経営から大きな事務所に至るまで独自の世界観を持ったデザイン事務所がたくさんあります。例えば郊外に注文住宅を建てる場合、背景の山々を家の一部として取り込むようなデザインの家を建てることができます。自然の中に溶け込み、調和した家造りができるのも京都ならではです。注文住宅を建てる場合、土地探しが重要になります。京都の市街地の場合は地価が高いので狭小地が多くなります。このような場合は三階建て住宅にすることで、暮らしやすい家造りが可能になります。

賃貸併用住宅のメリット

京都には景観地区に指定されている場所がたくさんあります。そのような場所に注文住宅を建てる場合は、規制に従った家造りをする必要があります。そのためには地元のデザイン会社や建築会社に依頼した方が、景観地区の規制に沿いながら暮らしやすい住宅を建てることができます。京都市内に土地を購入する時には多少高くても40坪以上の広さがあれば、ローンの返済にも困らない家造りが可能になります。例えば3階建てにして部屋を多めに作ります。そして賃貸併用住宅としてその部屋を貸し出せばいいのです。京都に住みたいという人はたくさんいます。そのような人に空いた部屋を貸せば、その家賃をローンの支払いに回せます。このような家の建て方ができるのも京都ならではです。